11月に入り3件の見積依頼があります。決まるかどうかは見積額次第?
と書きたいところですが、ウエブで公開している撮影料の額を下回る事や上回る額の見積書は作成していません。言い換えれば安くも高くもしません。決めて頂くのはクライアント様です。
もっとも、この業界はクライアント様は数社に見積依頼を出されているそうですから。(当たり前か)
特にテレビ局様はそうです。見積額が高いと他様で安い所に依頼するのでしょう。値引き交渉は殆どありません。

最近、予算がこれしか無いので撮影して頂けないでしょうか、と言う問い合わせも増えてきました。その予算がウエブで公開している額以上でも正規な見積を出すのが私のポリシーです。反対に安い場合は他様を当たって下さいとハッキリ言います。

ラジコンヘリ空撮は短時間で終了する割には1回の撮影料が高く感じることがありますが、意外と経費が掛かります。

現実的ではありませんが、落ちないヘリや落ちても壊れないヘリがあれば今より撮影料をグンとお安く出来ると思いますが、それはナンセンスですね。

【今日の格言】
「走るものはぶつかる、飛ぶものは落ちる」